住宅ローンの滞納は
何ヶ月目ですか?

あなたの住宅ローン滞納・延滞は何ヶ月目ですか?

社長1011.jpg

住宅ローンアドバイザーで宅地建物取引士の近藤がご説明します。

こちらのページをご覧頂いている方のほとんどは、

住宅ローンを滞納してしまっている方」

ではないでしょうか。そして恐らくみなさんは、

  • このまま滞納したらどうなるんだろう?
  • マイホームを取り上げられるのかな?
  • 返済はとてもじゃないけどムリ・・・

そんな不安でいっぱいのことと思います。

ここでは、住宅ローンを滞納すると何が起こるのか、そして
ローンの返済ができない場合にはどうしたら良いのかについて、神奈川県横浜市、川崎市、東京都内で40年間以上仕事をしてきた住宅ローンアドバイザーで宅地建物取引士の資格を持つ、私、近藤がお話したいと思います。

住宅ローンの滞納を続けると、マイホームが競売にかけられる

住宅ローンを2ヶ月滞納すると・・・

住宅ローンの滞納を2ヶ月続けてしまうと、まず住宅金融支援機構や銀行から、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。

「貴殿の滞納は現在2回になっています。・・・・・・
催告書の期日までに延滞の解消が無い場合は、期限の利益が喪失され・・・・・・」

という風に、少々難しい言葉で書かれたこの文書ですが、簡単に要約すると

「あなたは現在住宅ローンの支払を2ヶ月滞納しています。
このまま支払いを滞納して3ヶ月になると、銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続きに入ります。保証会社はあなたのマイホームを競売に掛けて銀行に返済したお金を回収します。
競売に掛けられるのがイヤなら全額一括返済してください。」

ということになります。
つまり、

  • このまま滞納し続けたら、住宅ローンの残金を一括で返済してもらいますよ。
  • 一括返済がムリなら競売にかけますよ。

と言ってきているわけです。

住宅ローンを3ヶ月滞納すると・・・

そして滞納を続けたまま3ヶ月経つと、「代位弁済手続き開始」という通知が送られてきます。

「貴殿が借り入れた住宅ローンについて・・・・・・
当社が連帯保証・・・当社は銀行から請求を受け、債務者の変わりに代位弁済金を支払いました。・・・・・・代位弁済金及び、年14%の遅延損害金を一括で支払って下さい。
今後の法的手続きを含めた回収手続き・・・・・・」

今度もこのような難しい文書なのですが、要約すると

「銀行から請求を受けて、あなたのローンを一括返済しました。
ですから、当社(保証会社)に利息をプラスしてローンを速やかに一括で返済して下さい。
返済しない場合は、あなたの住宅を競売に掛けます。」

ということ。
いよいよ、

  • 今すぐローンを一括返済しないなら競売にかけますよ。

最後の警告をしてきたのです。

このように、住宅ローンは滞納を3ヶ月続けると、住宅金融支援機構や銀行の「保証会社」からローンを一括返済するよう求められます。

もしもローンを一括返済できなければあなたのマイホームは競売に掛けられてしまうのです。これはあらかじめ決められたルールですから、とても事務的に進められます。

tel_90.jpg

無料でご相談にのらせていただきます。

お一人で悩まずに、まずはご相談下さい。

住宅ローン滞納でお困りのあなたへ。

今すぐお電話下さい。

0120-045-253

受付時間:10:00~21:00

土日祝日も対応。地元神奈川県の主に横浜・川崎・東京都地域での実績20年以上。

競売ってどういうこと?

競売とは、あなたの意志に関係なく、あなたのマイホームを裁判所強制売却する事です。売却する事で得られるお金は、全額が税金や債権者に支払われる為、あなたの手元には一銭も残りません

また、競売になったからといって、あなたの借金が帳消しになるわけでは無いので注意が必要です。マイホームの売却価格があなたのローンの残金に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。

しかも、競売の場合は普通に売却するよりも4~5割安い価格で叩き売られてしまう事がほとんど。その為、あなたはマイホームを失った上に、多額の借金に悩まされる事になるのです。

競売についてのよくある質問

競売で落札されると残債務(借金)はなくなりますか?

残債務(借金)はなくなりません。

落札後に債権者より残債務について、一括で返済して下さいとの請求がきます。これに対応しないと、給与差押や保証人への不動産差押など、法的処置を取られます。

残った債務(借金)は、分割払いにできますか?

できません。

一括での返済を求められます。

競売で落札された場合引越し費用等は出るのですか?

引越し費用は出ません。

売却された金額は、税金や債権者に支払われる為、あなたの手元にお金は残りませんし、引越し費用も出ません。

実際に、こんなことがありました

弊社が住宅ローンの返済が困難になったお客さまから相談を受け、その方と一緒に、返済スケジュールの変更を交渉する為、銀行を訪れた時の事です。

銀行の副支店長に、

「住宅ローンを滞納されても、保証会社全額補償してくれるので銀行としては別に構わない。返済スケジュールの交渉(リスケ)などの面倒くさい話はする必要が無い。」

こんな態度をとられてしまいました。

銀行は、たとえ滞納が続いても保証会社に全額補償してもらえます。
結果的に銀行は一円も損をしませんから、面倒な交渉などはしたくない、競売にしてしまえと考えている。これが現実です。

tel_90.jpg

無料でご相談にのらせていただきます。

お一人で悩まずに、まずはご相談下さい。

住宅ローン滞納でお困りのあなたへ。

今すぐお電話下さい。

0120-045-253

受付時間:10:00~21:00

土日祝日も対応。地元神奈川県の主に横浜・川崎・東京都地域での実績20年以上。

どうしたら良いのでしょうか?

では、住宅ローンを滞納してしまった場合どうすれば良いのでしょうか?まずは、

住宅ローンが支払えなくなったという現実を直視する

事から始めましょう。この現実から逃げていても何も解決しないからです。そして、

最悪の状態は、マイホームが競売に掛けられること

だと認識しましょう。

マイホームを失い、家を追い出された上に、多額の借金が残る競売は「最悪の状態」なのです。最悪の状態である「競売」を避ける方法に「任意売却」があります。住宅ローンを滞納してしまい、もう支払えないのなら、任意売却を検討することをおすすめします。

本当に競売は避けられるの?こちらの「解決事例」でご確認下さい。

任意売却とは?・・・競売は避けられます!

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった場合に、通常の住宅売買と同じ方法でマイホームを売却することです。

任意売却をしたからといって、借金が帳消しになるわけではありません。しかし、競売のように通常の売却価格よりも4~5割安く叩き売られてしまうことは無いので、競売になるよりも借金の金額を減らすことができます。

その他にも任意売却には

  • 交渉次第でマイホームを出て行く際の引越し費用がもらえる。
    (競売では引越し費用は出ません)
  • 残債務を月々の分割払い(現在、あなたが支払える金額内)に交渉できる。    (競売では一括での返済を求められます)

といったメリットがあります。

任意売却をするには、債権者の合意が必要

ただし、既に住宅ローンを滞納している場合は、債権者(保証会社等)の許可なく、勝手に任意売却をする事はできません。

任意売却をするには、債権者の合意が必要です。

しかし、銀行としては債権を保証会社に渡し、あなたの債務を移譲します。そうすれば銀行としては保証会社から全額返済してもらえるのでメリットが大きいのです。

そのため銀行と普通に交渉しても、売却を承諾してくれる事はほとんどありません。任意売却をするなら、交渉力のある専門の不動産会社に依頼するのが得策なのです。

弊社は、住宅ローンアドバイザーとして20年以上に渡って任意売却を手がけてまいりましたので、債権者との交渉ノウハウを持ち合わせております。長年の経験から、どのタイミングでどのような言葉をかけ、どのような条件を提示すれば、債権者が任意売却を許可するのかが分かるのです。

ご依頼頂ければ、弊社があなたに代わって債権者と交渉をし、有利な売却の許可を得て任意売却を成功するように努力致します。

競売を回避!任意売却を成功させる弊社の3つの特徴とは?

tel_90.jpg

無料でご相談にのらせていただきます。

お一人で悩まずに、まずはご相談下さい。

住宅ローン滞納でお困りのあなたへ。

今すぐお電話下さい。

0120-045-253

受付時間:10:00~21:00

土日祝日も対応。地元神奈川県の主に横浜・川崎・東京都地域での実績20年以上。

実際には、こんな交渉をします

こちらでは、弊社で行う交渉がどんなものかをご紹介します。

競売の取り下げ交渉

既に競売にかけられている場合は、競売を取り下げてもらい、一般的な方法で売却できるように債権者と交渉します。

競売を取り下げてもらっても、住宅の販売価格が高過ぎると買い手がつかず、結局、競売になってしまう事も少なくありません。そうなっては元も子もないので、高過ぎず安過ぎない、買い手のつきやすい販売価格を債権者と交渉して決めます。物件の査定が正確にできるのは地元業者の強みです。

残った借金の返済額について交渉

staff.jpg

住宅ローンアドバイザーで宅地建物取引士の近藤が、相談にのらせていただきます。

任意売却に成功しても、ほとんどの場合で借金が残ります。

競売より少ない額とはいえ、任意売却の後に残りの借金を返済しなければいけません。競売の場合、残った借金は一括での返済を求められますが、任意売却の場合は債権者との交渉により分割払いにする事は可能です。そして、その月々支払金額をいくらにするかも、交渉によって決まります。

弊社では、月々の返済が生活に負担のかからない金額になるよう、債権者に粘り強く交渉致します。弊社が交渉すれば、通常は月々3,000円程度、多くても1万円を超える事はほとんどありません。

このような交渉をするには、不動産の知識は勿論、金融や法律の知識に精通している必要があります。さらに重要なのは、金融機関との交渉力に長けている事です。

一口に不動産業者と言ってもさまざまで、任意売却の経験が無い業者もたくさんあります。任意売却に精通した不動産業者を、慎重に選んで下さい。

弊社では、できるだけ身軽になって任意売却後の人生を再スタートさせてほしいと考えている為、単に物件を売却する事だけではなく、その後の交渉を最も大事だと考えております。

残った借金の返済方法があなたにとって有利になるよう、全力で交渉致します。

無料でできる!「当社の任意売却の流れ」はこちら

住宅ローンを滞納し、返済の目処が立たないなら、
競売になる前に、任意売却をしましょう

ここまで、住宅ローンを滞納するとどうなるのか?そしてローンを返済できない場合は、どうすれば良いのかについてお話してきました。

繰り返しになりますが、マイホームを失い、家を追い出された上に、
多額の借金が残る競売は「最悪の状態」です。住宅ローンを滞納していて返済の目処が立たないのなら、信頼できる不動産会社に任意売却の相談をしましょう。

競売の入札が始まってしまうと、もはや手遅れです。手遅れにならないうちに、すぐに行動を起こす事をおすすめします。

弊社は、横浜市・川崎市を中心とした神奈川県全域、及び東京都のお客さまのお力になれます。この地域にお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。(その他の地域にお住まいの方も、関東圏内であれば対応できる場合があります。一度ご相談下さい)

◎当社が選ばれる5つの理由

弊社は神奈川県の横浜、川崎で任意売却歴20年以上。リストラ、転職、病気、離婚、等で住宅ローンが滞納、もしくは支払い不能になっている方に対して、「貴方に合った解決方法”を提案できる任意売却専門の不動産会社」です。

更に、

任意売却後の新生活が最も大事だとの認識から、その後の生活相談を無料で支援している唯一の会社です。

当社の任意売却が選ばれているのは5つの理由があります。

1債権者と引っ越し費用の捻出交渉において遠慮会釈なく粘り強く交渉します。

2残債務の返済額交渉。たとえ2,000万円の債務が残っていても、当社が交渉すると

毎月三千円の返済で了解してもらった実例が多々あります。

3債権者がサービサーに変更になった時は残債務圧縮のチャンスです。

残債務額がおよそ10%~15%になるまで交渉します。

4あなたの収入内容によっては、生活保護の申請補助のサポートを行っております。

5住宅ローン滞納の交渉では、債権者に対して粘り強い交渉と住宅を素早く高値で売却する力を併せ持っているのが自慢の会社です。     

当社は「秘密厳守・相談料無料」で相談をお受けしております。

お一人で悩まないで まずは専門家に至急ご相談して下さい。

syacho2_2.jpg

競売を回避!任意売却成功させる弊社の3つの特徴とは?

成功に導く弊社3つの特徴

マイホームを売却しても、そのまま住んでいられます!!!
「リースバック」 はこちらへ。

リースバック

任意売却は無料でできます!
「任意売却の流れ」 はこちらへ。

無料 任意売却の流れ

3ヶ月滞納した人も大丈夫!
「住宅ローン滞納の解決事例」 はこちらへ。

解決事例

土日祝日も対応の無料相談を実施しております。
住宅ローンの滞納でお困りでしたら、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

無料でご相談にのらせて
いただきます。

よくあるご質問
  • 住宅ローンを滞納しているが、この後どうしたら良いのかわからない…
  • 任意売却について詳しく話を聞きたい。
  • 競売開始までもう日がない。なんとかできませんか?
  • リースバックについて、詳しく教えてほしい。
  • 差し押さえの通知が届いた。どうすればいいの?

今すぐお電話を下さい。相談無料。

主に神奈川県横浜市・川崎市、東京都地域の案件を多数手掛けております。
受付時間:10:00~21:00   ※お問い合わせフォームは24時間いつでも受付ています。

お客さまへ3つのお約束
  • お金の持ち出しは、ありませんのでご安心下さい。
  • 秘密は厳守致します。相談内容を口外する事はありません。
  • ご相談後に、しつこい勧誘をする事はありません。

神奈川県横浜市・川崎市で任意売却なら、神奈川・東京で実績20年以上、任意売却の専門家にお任せ下さい。住宅ローンの滞納・延滞・返済にお困りの方、早く行動しないと、強制競売になりかねません。無料相談実施中です。秘密厳守致しますのでご安心下さい。

無料相談電話でもメールでもLINEでも受付ています。
お電話での相談

0120-045-253

受付時間:10:00~21:00
※メール,LINEでのお問い合わせは24時間いつでも受付ています。

任意売却を成功させたお客さまの事例を詳しくご紹介致します。

解決事例のご紹介

お客さまから弊社へ費用をお支払い頂く必要は一切ありません。

費用についてはこちらへ

おもな対応実績のあるエリアをご紹介致します。

詳細についてはこちらへ

   LINEでの相談   

LINEでのお問い合わせはQRコードから。

会社紹介

任意売却
横浜・川崎支援センター

(株式会社アメニティホーム)

〒231-0033
神奈川県横浜市中区
長者町6-95 上郎ビル 1階

代表者:近藤俊郎

代表ごあいさつはこちら

対応エリア

横浜市・川崎市を中心に
神奈川県・関東全域

連絡先

0120-045-253

045-251-4848

045-260-6222

info@amenity-home.jp

受付時間:10:00~21:00
※メールでのお問い合わせは24時間いつでも受付ています。